2017/07/17 11回目となる「よか隊ネット放談会」〜暮らしづくりネットワーク北芝との交流を深める〜を開催しました。

この日は、熊本の震災支援活動をされている15名程の方にご参加頂きました。

 

今回は、よか隊ネットの加盟団体であり、震災直後からいろいろとお手伝い頂いている、「暮らしづくりネットワーク北芝(以下、北芝と記載)」の皆様を迎えての放談会です。

 

北芝は、大阪府箕面市で活動されている団体で、主に、「北芝」と呼ばれている地域で、地域住民主導型の活動をされいてる団体です。

 

熊本地震から1年以上がたち、いろんな変化が起きています。福岡大分豪雨の影響もあり、いわゆるガテン系をいわれる支援団体の皆様は、朝倉市や日田市に支援活動に移られています。

熊本でも本格的な夏を迎え、片付け作業や解体作業もまだまだ必要ですが、新たに、子ども支援や、自治体支援の声が大きくなってきています。

 

こうなった時に震災支援という枠よりは、地域課題の解決といった視点が強くなってきていると我々は感じています。地域コミュニティというのは、その地域以外に住んでいる方が主導になってしまっては決して継続しません。その地域で暮らしている人達が主体となって、仲間を集め、お互い様の気持ちで、どのように地域課題に目を向けていくかが重要になってきます。

 

 

そういった意味で、北芝さんのこれまでの活動は、これからの熊本にとってとても参考になると思い、今回お話を聞かせてもらいました。

 

まずはメンバーの自己紹介。ほんとうに熱い人たちです。

IMG 7160

 

北芝の活動報告。

活動DVDも交えての説明でした。

IMG 7163

 

参加者のみなさん。この日は報道関係者の方もきていらっしゃいました。

IMG 7161

 

みなさん、それぞれの思いをたくさんぶつけられていました。

IMG 7164

 

IMG 7165

 

いわゆる、地域づくり、コミュニティづくりというのは、地域格差があるものの、あらゆる地域で同様の課題を抱えていることが分かりました。

地域住民の声を拾い上げ、そしてその地域住民が主体となって動いていくにはどうするか?

人が集まりやすい仕掛け、仕組みづくりをどうするのか?

 

考えるいいきっかけとなりました。

ニュース等では、人口減少・高齢化問題が言われています。

大地震を経験した我々としても、考えなければいけないこと、行動しなければいけないことはたくさんあります。

 

2017年7月16日に、暮らしづくりネットワーク北芝様主催の、「であい・つながり・げんき!!第2回熊本ワークショップ」が開催されました。

熊本ワークショップ

 

これは、パルシステム様から頂いた助成金事業の活動支援の一貫で行われいるセミナーです。

今回、助成を受けた団体から7団体様が参加して、「プレゼンテーション」について学びました。

IMG 7148

プレゼンテーションに大事なことは何なんなのか?

「伝える」ということはどうなのか?を実演を交えて説明してもらいました。

 

・動画を用いたプレゼンテーション

・言葉だけでのプレゼンテーション

・紙芝居を用いたプレゼンテーション

の3つを実際の活動内容をもとにプレゼンしてもらいました。

伝え方はそれぞれ。伝える内容、伝える相手に合わせたプレゼンテーションが大事であることに気付かされました。

 

紙芝居の様子。これはこれでとてもおもしろいですね。

IMG 7152

 

その後は、みんなでワークショップ。

まずは、みんなそれぞれで2分間の制限で、活動の紹介を行います。

その紹介に対して、良かった点、もうちょっと聞きたかった点等のフィードバックを行います。

そして、そのフィードバックをもとにまたプレゼンのし直し、という流れです。

IMG 7157

 

最後は、みんなの前でそれぞれプレゼンテーションを行いました。

やっていることがわかりやすく、とてもよいプレゼンになっていました。

 

これからも活動は続いていきます。今回のセミナーを基に、皆さん、またそれぞれの活動を継続されていきます。

よか隊ネットとしても、団体様の活動を精一杯サポートしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

7月2日に、佐賀で行われた「九州情勢セミナー」で、熊本地震の事、よか隊ネットの活動の事をお話してきました。

セミナー開催に辺り、

「自分たちの知らないところでどんな事が起こり、どんな活動がされているのか知りたい」

「人ごとではいけない、一緒に考えたい」

という声があがり、ありがたい事に、私達よか隊ネットに講演依頼がきました。

 

情勢セミナー

事務局長の江崎

 

IMG 7028

約20名の方に集まっていただきました。

 

話したことは、

  • よか隊ネットの沿革(発災直後から活動を開始した団体であること)
  • 車中泊アンケート調査(熊本地震の大きな特徴)
  • ケース対応報告
  • 時間と共にニーズにそった活動(物資支援、人的支援)
  • 中間支援活動の事
  • 「みなし仮設」「在宅被災者」向けの支援活動に関すること

です。

発表後に、今回のセミナーで私達をご紹介して頂いた、さくらんぼ保育園の建川さんが、今現在の益城の様子を写真でご紹介頂きました。

 

熊本地震の事でまだまだ知られていないことがあることに私達も気付かされました。

今回は貴重な機会を与えて頂きありがとうございます。

6月30日に、崇城大学にお邪魔してきました。

現在、学生を中心に「防災ラジオドラマ」を企画されているということ。それで、まずは震災支援活動に関わっている「よか隊ネット熊本」にお声がかかりました。

その際にご紹介した、「ローカルメディア3」が発行されている、「熊本のラブレター」についてもう少しお話が聞きたいということで、編集長の澤田けいこさんを連れて一緒に話してきました。

 

IMG 7019

 

「熊本のラブレター」は、熊本地震の事を、熊本に伝わる鯰伝説になぞられて紹介されています。

単に「防災」といっても、意識のない方にはなかなか伝わりにくいので、こういった地方の伝説を切り口に熊本地震の事、防災の事へと話を繋げていけば、より多くの人に興味関心を持って守られるのではないかという話で盛り上がりました。

 

IMG 7020

 

そこからさらに話は発展し、「地名」に関することへ。

「地名」というものは、必ず何かしらの意味がある。そこを一つ一つ見ていくこともおもしろいのではないか、等々、話が盛り上がりました。

 

「防災ラジオドラマ」今後の展開が楽しみです。

 

2017年5月28日 震災後から支援活動を行ってきた「くまもと友救の会」代表の呼びかけで、現在企画中の「みんなのボランティアステーション」の説明会&ワークショップが開催されましたので参加してきました。

IMG 7009

 

震災から期間もたち、熊本で活動する団体も少なくなってきました。

それぞれの団体が、それぞれの特徴を活かしてこれまで活動してきましたが、被災者目線からみると、「どんな団体があるの?自分が困っていることはどの団体に頼めばいいの?」など、新たな課題も見えてきました。また、行政期間と民間団体の接点もそれぞれのため、なかなか行政と民間団体との状況共有、支援のつなぎがうまくいかない現状がありました。

 

被災者目線でいうと、こういった状況はあまりよくありません。
益城でずっと活動されていた、「くまもと友救の会」の松岡さんは強く問題を抱えられていて、「益城で活動する団体でもう少し連携が図れないか?」という想いを形にしたく企画を立ち上げられました。

 

今回は、益城で活動する団体によびかけ、約15団体30名程の方に参加して頂きました。

 

まずは、今回の企画について説明させて頂き、その後ワークショップを行いました。

みんなで話し合った内容が、

  • 被災者ニーズの整理(ガテン/ソフト、パーソナル/コミュニティ)
  • 団体活動の課題(外部要因/内部要因、短期的/中長期的)

です。この項目に関して、参加者のみんなに意見出しを行い、その後各チームで発表を行いました。

 

各チームからは、

  • 解体前の整理作業、引っ越し作業、庭の草刈りのような作業支援のニーズもまだまだ多い。
  • プレハブ仮設でのコミュニティ支援が必要
  • 活動団体がほとんど県外の人たちになってしまっているのは大きな課題
  • ボランティアのニーズが会った場合のコーディネート、マッチングのノウハウ共有ができていない。(宿泊場所や作業内容等)

等々様々な意見が出ました。

IMG 7010

いろいろな意見を聞いていると、やっぱり「団体間の連携がとれていると解決できる問題は多い」と強く感じます。

被災者からの相談窓口もわかりやすくなるし、ボランティアの受け入れもより効率的にできるであろうと感じました

IMG 7014

 

「みんなのボランティアステーション」効果が大きいですが、運営をまわしていくためには、事務所の話、事務員の話、情報共有システムの話、乗り越えなければいけない課題は多々あります。みんなで力を合わせて、こういった仕組みが出来上がればよいと強く感じます。「よか隊ネット熊本」としても立ち上げ・運営を全力でサポートしたいと思います。

 

 IMG 7015

友救の会代表の松岡さん。熱い思いがヒシヒシと伝わってきました。

banner donate

メニュー