くまもと伴走型支援 現地視察

IMG 3837 R

 

2020年10月23日(金)~25日(日)の3日間をかけて、「くまもと伴走型支援助成金」として、熊本地震災害支援活動をご支援頂いている、共生地域創造財団様、生活クラブ連合会様(5名)を熊本にお招きしての、熊本現地視察を行いました。

今回の視察にあたって、くまもと伴走型支援助成金を活用して支援活動を行っている

  • くまもと友救の会
  • NPO法人でんでん虫の会
  • NPO法人みるくらぶ
  • シェアリングネイチャー協会

にお時間を撮って頂き、活動の現場に訪問させて頂きました。お時間をとって頂きありがとうございました。

 

熊本地震での支援活動から令和2年豪雨災害支援活動へ(くまもと友救の会)

 くまもと友救の会は、熊本地震では益城を中心とした支援活動を行っており、今回の助成金では、「益城町における包括的支援事業及び現地での担い手育成事業」事業として、益城町社会福祉協議会、地元住民の皆様と力を合わせて、これからの地域福祉を目指した支援活動を現在も継続されています。

 

 視察当日は、豪雨災害被災地である球磨村で作業中ということで、豪雨災害の被災状況の視察を兼ねて、球磨村の作業現場に訪問させて頂きました。

IMG 3777 R

 

 豪雨災害で皆様もニュース等で見られた方も多いかと思いますが、「災害ゴミ」が大きな問題となっています。土砂に紛れたもの、空き家が被災してのゴミ、どこからか持ち込まれたゴミ、と。多くのものを流した豪雨でしたが、災害ゴミとなると、時にどこから出たゴミであるのか?いろんな混ざったものであっても、事前にきちんと分別しないと最終処分場がゴミを受け取ってくれないため事前の仕分け作業に多くの時間と人手を必要とします。

 そんな大変な作業を、ボランティアの方々と連携しながら、重機を活用し、一つ一つ対応されていました。この日も、圧倒されるゴミの山を丁寧に重機を扱いながら、ゴミの分別を行われていました。作業途中ではありましたが、お時間をとって頂き、丁寧に状況と活動をご説明して頂きました。

 

 球磨村から熊本市内に戻るときに、八代市坂本町を経由して戻りました。途中の道は大きく削られ、橋は落ち、水害の爪痕が生々しく残る住居、私自身も初めて通る道でしたが、予想を遥かに超えた被害状況を目の当たりにしました。とても、災害から3ヶ月以上がたったとは思えない状況。

 報道が減ってくると、災害からは復旧しているとついつい思われがちですが、全くそんなことがないことが現地を見ると分かります。今回の視察を通して、「災害からの被災地の今」をリアルに伝えることができたのではないかと思います。

 

誰ひとり取り残されない社会を目指して(NPO法人でんでん虫の会)

 

 2日目は、生活困窮者に対して、相談事業、交流事業等、地道な活動を継続されているNPO法人でんでん虫の会の事務所を訪問致しました。「つながる訪モン事業」として、熊本地震の被災者に対して、一人暮らしの方々を中心とした訪問事業を行われています。また、毎週水曜日には、熊本市内で「おしゃべり会」を長年継続実施されています。

 

IMG 3787 R

 

 団体の方から、事業の現状、熊本地震からの被災者の状況をご説明して頂きました。現在では、熊本地震での被災に加え、コロナウィルスによる失業者等もとても心配されています。でんでん虫の会では、隔週で「コロナ会議」と題して、車中泊見回り活動や、助けを求めてらっしゃる方と繋がるためのチラシ配り等の状況共有会議を開催しています。

 現在の社会は、ちょっとした状況で、生きていくのが難しい環境に置かれてしまうことがあります。そういった方々に身を寄せ、一つ一つ丁寧に。「ひとりじゃないよ」と書かれたチラシが心にささります。こういった方々が地域にいらっしゃるというのはとても心強い反面、団体自身を運営するための人員・資金についての課題を抱えてらっしゃいます。

 今回の助成金での活動を通して、より持続的な活動、継続した団体運営ができるよう、よか隊ネットとしてもともに考えていきたいと思います。

 

子供と親の安心できる生活環境を作りたい(NPO法人みるくらぶ)

 2日目の午後からは、NPO法人みるくらぶさんが、昨年から新たに活動を開始された阿蘇の活動拠点へ。訪れたちょっと前に、ついに国道57号線が復旧し、阿蘇へのアクセスが元に戻ったときでした。地震後阿蘇・南阿蘇に足を運ぶたびに、必ずみていた、阿蘇大橋の部分のがけ崩れ。あの光景は一生忘れることができないくらいの衝撃でした。あそこまでのがけ崩れが起こるなんて。そして何度も通った橋がある場所にない。

 そんなことを思いながら、57号線を抜けて一気に阿蘇へ。この日は、天気もよかったこともあり、たくさんの方が観光に訪れてました。お昼ご飯のためのよったお店は行列ができていました。環境客が多く訪れられることは本当にうれしいことですね。

 

 そんな雄大な阿蘇の景色を眺めながら、向かったみるくらぶさんの阿蘇の拠点。ここからも雄大な阿蘇の景色が一望できて、ほんとうに素敵な場所でした。

IMG 3793 R

 

 建物の中もとてもおしゃれに改装されており、子どもたちも楽しく遊びに来ているのだろうなーと思いながら話をお伺いさせて頂きました。

 IMG 3790

 

 ここ阿蘇で、そして御船で。みるくらぶさんは、本当に細かく細かく、住民の方、こども一人ひとりに向き合った丁寧な活動をされています。私達も活動の場所に何度か見させてもらってみましたが、樹民の方と本当に心のつながりができているなと感じました。

 今回は、みるくらぶさんのメンバーもたくさんご参加してくださり、スタッフのかたともいろいろとお話をさせ頂きました。みるくらぶさんも地域にとても必要な団体さんですね。継続した活動に向けての支援を継続させて頂きたいと思います。

 

地域と、そして自然とともに暮らす(シェアリングネイチャー協会)

 最終日は、甲佐町で「なんとなくふらっと」という地域の居場所づくりを活動されているシェアリングネイチャー協会を訪問しました。

IMG 3820 R

 

 シェアリングネイチャー協会は、豪雨災害に対しても避難所や仮設住宅での「お茶の時間 こびる」を開催されたりと、被災者の方への「お茶の時間を通したほっとしたひととき」の時間を作り出す活動をされています。くまもと伴走型支援助成金を通して、私達も知りあわせてもらいましたが、活動内容がほんとうに素晴らしく、ついつい活動の場に足を運ばせてもらっています。

 そんな時間をつくられているのがまさしく感じられるのが、ここ「なんとなくふらっと」。甲佐町を流れる川のほとりで、素敵な空気が流れています。

 

 活動の説明を聞いたあとは、歩いて5分ほどのところにある災害光栄住宅へ

IMG 5363 R

 

 甲佐町は、親子向けのマンションタイプと、高齢者向け戸建てと、2つのタイプに別れて公営住宅が準備されており、その間は「防災公園」が設置されています。役場のすぐ裏に建設されており、とてもよい場所に準備されていると感じました。

その後は、また「なんとなくふらっと」に戻り、自然とともにくらす話へ。なんとこの場所は、水道だけが契約されており、電気・ガスは通っていません。驚き!この考え方は、防災にとってもつながっていきますね。

IMG 5360 R

 

 表にはソーラークッキングの道具が。晴れた日には、ここで調理をするそうです。この日は、里芋の無水料理をされていました。地域で取れた新鮮な野菜を、太陽の力で調理する。すばらしいくらしですね。雨の日には・・・・「それならそれで食べなければいい」とおっしゃっていました。笑。素敵な考えですね。

IMG 5361 R

 

 こちらは、ソーラー発電。今は蓄電池も充実しており、このサイズのソーラーパネルでも、十分な電気をまかなえているようです。夜の明かりのときにもまた訪れたいと思いました。

 

熊本地震からの状況

 

 移動の途中で、益城の中心街を通りました。益城町は4車線化が進められています。まだまだ道の整備が進められており、新しく建った家も多く見られましたが、空き地も多く見られました。豪雨災害が起こり、益城の状況の報道はほぼ見なくなりましたが、こちらもまだまだ。

 テクノリサーチパークの仮設住宅にも行きましたが、ここは完全に退居されている様子でし。他のある仮説では取り壊しも始まっていました。

 

 そして、空いた時間を使って、やはり阿蘇といえば、大観峰へ!

IMG 5355 R

 

 何度も訪れている場所ですが、、思い返せば、熊本地震後は初めて来たかもしれません。あいかわらず、雄大な景色が広がっていました。この日は天候もよかったので多くの方が訪れていました。やはり阿蘇の自然は素晴らしいですね。

 

 

 今回、東北から来てくれた共生地域創造財団様、関東から来てくれた生活クラブ連合会の皆様。わざわざ遠くから熊本を見に来てくださりありがとうございました。そして、なにより、熊本で起こった災害に対して、遠くからご支援くださり、本当にありがとうございます。皆様からの応援の気持ちがなによりうれしいです。今回限られた時間の中でしたが、熊本地震、豪雨災害の事を少しでも伝えることができよかったです。今後ともよろしくお願い致します。

 

banner donate

メニュー