DSCF7081 R

 

2020年11月15日@人吉

災害から4ヶ月とちょっとが過ぎ、人吉の町並みも一件するととても落ち着いた状況となっていました。

建設型の仮設の建設も進み(人吉市だけで14箇所が建設予定されているようです)、入居も進んでいます。

 

仮設住宅に移られた方は、「住環境」としては少し落ち着いた環境へと変化していっていますが、仮設住宅での「自治会」、「みんなの家の活用」といった面で、まだまだ課題が残っているようです。

また心配なのが「在宅避難」と「みなし仮設」住宅。人吉市外を出られてた方もいらっしゃいますし、人吉市内で見つけられた方もいるようです。訪問調査の活動は耳にしますが、民間団体としての支援活動はまだあまり耳にしません。

 

そんなことを考えながら人吉市内を見て回りました。

人吉も自然豊かな場所、あちらこちらで、綺麗な自然を眺めることができました。これも豊かな球磨川からの恵みではないでしょうか。

 

 親子支援

人吉市内にある「ハリストス協会」様の一室を借りて「親子支援」を行っている「たらぎキッズサークル」さんの活動の様子を見てきました。

DSCF7052 R

DSCF7054 R

 

活動名は、「ベビママすまいるサロン」

とても温まる雰囲気を感じる名前です。

DSCF7047 R

 

災害支援において、ついつい「子ども支援」の必要性が強くあがってきます。もちろん子どもに対しての支援も大事なのですが、忘れてはいけないのが、子育てをしている親への支援。

災害からの復旧と子育て。とても大変な状況になっていることが考えられます。

 

子育ての方で少しでもサポートができたらということで、さろん活動をされています。

DSCF7057 R

 

私達は途中で返ったのですが、この日は数組の親子がこられて、子供の面倒を見ながら、母親同士の会話を楽しんでらっしゃいました。

 

今は「災害支援」という色も強くなってしまいますが、「子育て支援」というのは今の社会でも大きな課題となっていますね。こういった団体さんの活動は被災地だけでなく、社会にとってとても大きな財産になると思っています。

 

このサロン活動は、毎週木曜の午前中に行われるようです。子育て世代の方は是非一度遊びにいってはいかがでしょうか?

 

「ひまわり亭」へ

お昼間の時間は、「ひまわり亭」へお邪魔して、活動のお手伝い。今日も、節さんはお元気でした。笑

DSCF7065 R

 

節さんのお話には、圧倒的なパワーを感じます。

説得力だけではない、、、被災という体験からの、支援活動をこれまで継続してきた経験、いろんな人の出逢いのオーラを感じることができました。

 

 

DSCF7062 R

 

この日は、ダンボールに入ったままになっていた、食器類の整理。

一人世帯、二人世帯の方にでも気軽に選らんでもらえるように、ギフトセット等の箱に入っている皿を一枚一枚出して、きれいに拭き取り、皿の種類ごとに仕分け作業を行いました。

衣類と一緒で、「選んでもらいやすいように」する仕分け作業が、裏作業としてとても重要になってきます。

 

DSCF7063 R

 

以前、ひまわり亭さんにご提供されたハンガーラックと、ハンガーは、綺麗に活用されていました。冬物衣料の上着は、このような形に整理しておくだけで、見る側もとても見やすくなり、管理もとてもしやすくなります。

 

DSCF7064 R

 

奥の方では、地元のボランティアの方が白米を小分けにされていました。

被災された方の多くに行き渡るよう、丁寧に一袋一袋包まれていっていました。

 

地域集落の支援活動に向けて

 

DSCF7077 R

 

そんな中で、一通りのお手伝いを終え、人吉市下薩摩瀬地区へ。

在宅避難者、みなし仮設の方に少しでも支援活動ができないか。

 

縁あって、下薩摩瀬地区で生活を再建されている方のお話をお伺いすることができました。

 

「仮設に入られた方は、どこに入られているかわからない。住民票も移されていないので、町内会長でさえ知ることが出来ない」

「1階部分は浸水しているので、この地区でも2階で生活を続けている人は多くいる」

「みなし仮設も地区内にあって、数世帯が入居しているが、顔を合わせる機会はまだない。他の地区のみなしの方の情報もまったくない」

 

今回の災害において、「人吉」は「在宅避難」の問題が多く取り上げられています。

調査員が実態調査に回ってはいるものの、全ての世帯を把握することがとても難しいでしょう。地域支え合いセンターが立ち上がり、徐々にこういった方に向けた支援も開始されますが、「訪問調査」だけで支援できるとは到底思えません。

 

自分たちができるパワーも考え、大きなことはできない。でも、まずはこの地区に向けてなにかできないか?地域の方がやりたいと思っていることをお手伝いできないか?

この地区の方が再開できる場・お話できる場・一緒に御飯を食べれる場。

 

寒くなる前に、地域の方の出会いの時間をサポートをしたいと思います。

 

 

 

DSCF6914 R

 

2020年11月12日 活動報告@球磨郡球磨村

 

219号線から球磨橋を渡った地区に、さんがうらという地区があります。

今回、「体験交流館さんがうら」の交流館長の小川さんと、シェアリングネイチャー協会に同席して、移動販売に付随したお茶の提供に同席してきました。

 

この地区も水害の被害がありましたが、大きな特徴が、「橋が壊れたことによる生活困難化」です。

この地区の人は、これまで近くの橋を渡って、球磨村の渡地区や、人吉に買い物に行かれていました。

しかし、今回の水害で、球磨川を渡る橋がいくつか結界してしまいました。

DSCF6941 R

DSCF6932 R

 

住民の方は、普段使っていたルートを使うことができず、買い物にいくためには、山道を通って迂回するしかありません。

山道は険しく、距離もだいぶのびます(だいたい1時間ほど)

 

高齢化が進むこの地区にとってはとても大きな問題です。

そんな住民さんの状況を少しでも助けるべく、さんがうら交流館の交流館長の小川さんは、週に一回、地域をまわり移動販売をされています。

そんな中、いろんな地域の回るのであれば、せっかくであれば、ちょっとお茶でも飲みながら、ゆっくりとお話がしたいという活動をシェアリングネイチャー協会さんがされるということで、お手伝いとして参加してきました。

 

DSCF6881 R

 

軽トラックに朝から作った惣菜を詰め込みます。地の野菜、川魚(やまめ)をふんだんに使った手作りの料理です。

 

DSCF6884 R

 

山間部絡みた、人吉方面。人吉・球磨地区はこの時期は霧が発生しやすく、この日も霧に覆われていました。遠く人吉まで、とてもきれいな景色を眺めることができました。

 

DSCF6886 R

DSCF6894 R

DSCF6918 R

 

山道を抜け、今日は6箇所をまわりました。

それぞれの集落の方が、移動販売を楽しみに待っておられてました。

 

今日は特別に、お茶も出るということで、皆さん買い物が終わったあとに、椅子に座って、お茶・珈琲の時間を楽しんでもらいました。

 

水道や電気などのインフラはだいぶ復旧してきたが、まだ電話線が戻ってこないということ。

生活用品の買い物のためには、半日がかりで買い物にだかけなければ行けないからとても大変ということ。

 

お茶を飲みながら、ゆっくりと今の生活のことを話して頂きました。

 

ある方は、球磨村の仮設住宅に入居されているが、畑仕事のために、毎日こちら側に通っているともおっしゃっていました。

 

水害の復旧作業はまだまだ続いていますが、直接の被災はしていないが、間接的な被災状況もあるということを感じることができました。「インフラ被災」とい言われているみたいです。

 

壊れた橋もまずは撤去作業、そして仮の橋がつくられるところもあるし、一気に本橋建設にかかるところもあるということ。

ただ、大きな橋となりますので、おそらく数年がかりの建設期間となるのではないかと思います。

 

住民さんは、早い復旧を心待ちにしておられました。

 

時間がたち、報道でもあまり被災の状況が報道されなくなってきましたが、まだまだ見えない被災も多くあるようです。

また時間があれば、お手伝いに入ろうと思います。 

 

DSCF6943 R

DSCF6888 R

DSCF6913 R

 

自然豊かな球磨村。素敵な自然とも出会うことができました。

IMG 5554 R

 

2020年11月11日(水) 球磨村さくらドーム仮設におじゃましてきました。

 

この日は、球磨村のお寺さんのつながりの方たちが集まり、住民の皆さんへの炊き出し。

IMG 5549 R

みなさんテキパキと炊き出しの準備をされていました。

 

食材、機材提供はグリーンコープ

IMG 4061 R

IMG 5552 R

 

本日のメニューは、

まぜごはんと、だご汁、おやつには煮豆。

 

天候にも恵まれ、たくさんの方がお食事にこられていました。

IMG 5553 R

 

佐賀から多くの支援物資が。

住民の方は、最初は遠慮しながらも、お声がけをすると、それぞれ必要なものをとっていかれてました。

 

ただ、ここでも言われるのが、

「本当は、何枚もお皿を持っていきたいのだけど・・・奥スペースがなくて。必要な分しかおけないんだよね。本当はお客さんが来られた時の分とかまで持っておきたいんだけど」

 

ただお話を聞くと、今回の仮設住宅に関しては、防音や寒さ対策に関してはあまり大きな問題は行っていないようでした。

だんだん寒くはなってきてはいるようですが、室内はとても快適な気温だということ。

 

 

 

IMG 4056 R

 

私達は、炊き出しの横のスペースで、「お茶どころ」を設置させて頂き、暖かい飲み物と、お茶菓子をご提供させてもらいました。

 

IMG 4065 R

 

最初は、食事の方たちが座られてお食事をされていかれていましたが、食後のコーヒーをおすすめして、食後のひとときを過ごしてもらいました。

 

久々に外に出た方という方もいらっしゃいました。

日頃、ほとんと家から出ることもなく、家にこもっていらっしゃる方も多いようです。

今回のような外を出るきっかけとなって、とても喜んでいらっしゃいました。

 

また、ここ球磨村でも「みんなの家」の活用に関して少し話がされていました。

誰が鍵を管理するのか、どこが活動申請の窓口となるのか。

 

仮設住宅では、みんなの家が準備されはしますが、「活用される」というまでには、まだまだなようです。

みんなの家が活用され、日常の住民さんの拠り所として、そして、そんな中から自治会が結成され、少しでもよりより暮らしが住民さん同士で話されていいくことを願います。

 

IMG 4066 R

 

帰り道に、以前お伺いした人吉の仮設住宅にもお邪魔させて頂きました。

以前炊き出しでお邪魔した際にお話されていた住民さんの顔が浮かんだので、お会いできるかなと思って。

 

偶然にも、その住民さんの方がちょうど洗濯物を取り込んでいらっしゃるときで、お会いすることができました。

 

IMG 5531 R

 

2020年11月8日 坂本地域福祉センターにて、「お茶どころ」開催。

建物内では、建築士会による「住まいの相談会」と「物資提供」。この日は、天候にも恵まれたので、坂本の大自然を眺めながらの場所に設定させてもらいました。

 

相談に来られた方、物資を取りに来られた方にお声がけをさせて頂き、暖かいお茶とコーヒーを飲みながら、八代のどら焼き、クレオンで購入させてもらったお菓子を提供させてもらいました。

坂本の各地からこられた住民の方がゆっくりとおしゃべり。

 

少しずつ道も復旧してきて、行き来の時間がだいぶ短くなってきたこと。

ただ、自分の家が立っていた場所が、レッドゾーンとなっており、住宅の再建に大きな障壁となっていること、

住民の方同士でいろんなお話をされていました。

 

IMG 5530 R

IMG 5533 R

物資提供の様子。坂本は冬の足音が聞こえており、冬物衣料のニーズがとても高まっています。

 

そんな中で、うれしい再会がありました。

お茶を飲みに来られた方と、ふとお話をしていると飼っている犬のお話に。

 

「飼っていた犬を避難所に連れて行ってた」

 

という言葉で思い出しました。

まだ避難所が開設されている時に、避難所にもお茶出しに行かせてもらいました。そこでお話させて頂いた住民の方でした。

この方の自宅は全壊判定。今は、自宅のあった場所からちょっと高台に上がったところの中古物件を購入し、今はそこで生活の再建を進められているそうです。

 

飼い犬「たろうちゃん」への再会も兼ねて、住宅付近をご案内させて頂きました。

IMG 5536 R

 

災害発生時の事、

水が来てから、どんなルートをたどって避難したか、付近がどのようになっていたか、事細かく説明して頂きました。

話を聞けば、ほんとうに「奇跡」としか言いようのない状況でした。助かられて、そしてお会いすることができてほんとうによかったです。

IMG 5539 R

この日に参加されたメンバーみんなでお話をお伺いさせてもらいました。

 

周辺の家は、まだ泥出しもできていないおうちもありました。

近くの公民館も床ははいでありましたが、まだまだ使用できる状態ではありませんでした。

 

川の周辺近くの家は、全てが全壊判定ではないかと思われる状況でした。ある情報では、そろそろ公費解体も始まるとか、、

熊本地震でもそうでしたが、ときがたち、解体作業が始まると、景色が一気に変わります。そんなふうになっていくのでしょうか、、、

 

IMG 5537 R

 

そんな中でも、川は穏やかに流れていました。

 

坂本はこれから本格的な冬に入ります。

IMG 5501 R

 

2020年11月6日 人吉「ひまわり亭」へ。

「ひまわり亭」は、メディアで何度も取り上げられておりご存知の方も多いかと思いますが、災害後から地域へずっと「食」の支援をされています。

本田節さん、初めてお会いすることができましたが、噂通り、本当に素晴らしい方でした。

 

子どもたちへつなぐ

この日は、人吉にある「梢山仮設」に炊き出しをするための準備が行われていました。

メニューは、ハヤシライスと野菜のコロッケ。

ちょうどこの日は、水俣からの小学生が、修学旅行?という名目のもと、支援活動のお手伝いにきていました。

IMG 5509 R

 

早速、こども達も入っての調理。

調理の手動は、本田節さんが行われています。

子どもたちでも分かりやすいように親切丁寧にアドバイスをしながら、そして、災害の事、被災者の事も話しながら、手際よく進めてらっしゃいました。

この光景を見て、とても感動でした。

支援活動を通してつながった縁。こういった活動が生まれていくのが本当に素晴らしいですね。そして、それが「支援活動」という特別なことではなく、「地域の日常の活動」として根付いていくのだと感じました。

 

被災者に冬物衣料を早く届けたい

今回のメインのお手伝いは、冬物衣料の整理です。

ここひまわり亭にも、全国各地から暖かい支援の手が届いていて、ダンボールにたくさんの衣類が入っていました。

炊き出しでせっかく仮設にいくのだから、少しでも多くの冬物衣料を届けたい、できるだけ選びやすいように、という思いで、整理作業

 

ディスプレイ用に、ハンガーラックとハンガーを近所のナフコで購入し、ご提供させて頂きました。(パルシステム助成金を活用させて頂きました)

IMG 5514 R

IMG 5505 R

IMG 5506 R

 

梢山仮設へ

前回の学園大学主催の「つながるCafe」へのお手伝いに続いて、二回目の訪問です。

ありがたいことに、先日お会いした方とも再会することができました。

IMG 5517 R

この日は天候もよく、風を感じながら外での食事です。

10名くらいの住民の方が食べに来てくださいました。そして、手伝いにきてくれた子どもたちもテーブルにそれぞれ座って一緒に食事。

最初は戸惑いもあったでしょうが、次第に打ち解けていろんな会話をしていました。

災害という悲しい出来事。

「被災」された方がどんな気持ちでいるのか、どんなところで仮の住まいをされているのか、、子どもたちにそれを知るとてもよいきっかけになったと思います。

IMG 5518 R

 

私も、食べに来られた住民の方と30分くらいじっくりをお話をさせてもらいました。

  • 住まいは人吉の中心部だけど、ここ梢山仮設には車で30分ほどのとこにある。本当はもっと近くの仮設に入れたら自宅との行き来も簡単なのだけど、、入居の申込み時にそんなわがままも行ってられず、急いで申し込みを行ってここになった。
  • 足を悪くしているので、狭い部屋だけど、介護用のベッドを2つ並べて寝ている
  • 近所付き合いも大事だと思って、、なんとか心がけはしているが、、、顔を合わせる機会がほとんどない
  • 早く元の家に戻りたい・・・

精一杯、今の仮設住宅での生活に慣れていこうという気持ちも強く感じられた反面、家へ早く戻って早く災害前の生活に戻りたい、という葛藤が強く感じられました。

そんな状況の中でしたが、ときより笑いも含めて私もとても楽しい時間を過ごすことができました。

 

この方たちは最後まで残って下さったのですが、最後の最後に、支援物資の服を見ていかれました。

「みんながいる時には気を使って、(洋服とかの支援物資を)あまりもらってはいけない気持ちになる」

とおっしゃってました。

できる限り必要なものは渡して上げたいのですが、こういった気遣いもあるのだとハッと気付かされました。ただ、最後にはお気に入りの2着を見つけられ、喜んで持って返って頂きました。

 

また、一人の女性がちょっと暗い顔をされていました。

ご飯の席を紹介しながら、ゆっくりと話しをし始めると、少しずついろんな事を話して頂きました。

会話の中で「生きがい」という言葉が出てきました。災害でいろんなものをなくし、、「これからの生活」に関して、いろんな不安を抱えていらっしゃるようでした。

少しずつ先に向けて歩み始め始めれてはいるが、住まいの事、お金のこと、健康の事、仕事のこと、本当にいろいろな事を考えなければいけません。そんな中で「生きがい」という言葉が出てきた感じがしました。

 

納得のいく説明がほしいだけ・・・

炊き出しから帰り、追加のハンガーを買いにいくついでに、以前顔見知りになった方のところで、宇土から持ってきた座布団と、ちょっとしたお菓子の差し入れをしてきました。

この方は、被災判定で追加調査を依頼し、行政と未だにやりとりをされているそうです。

IMG 5513 R

 

災害の判定に関しては、本当に難しいことが起きると今回改めて感じました。

一度調べてはみたものの、条件がいろいろと別れていて、とても複雑。

 

専門知識のない私にとって、何も返事をすることができませんでしたが、

「とにかく私は納得して次に進みたいだけ」

この言葉が心にしみました。

 

いい形に進んでいくことを祈るばかりです。寝られていないとおっしゃっていましたので、健康面でもとても心配です。

人吉に行ったときにはまた顔を出して、耳を傾けたいと思います。