fccc001.jpg

 

2019年6月27日(木) 「くまもと伴走型支援助成金」の贈呈式を現地事務局としてサポートさせて頂きました。

 

「くまもと伴走型支援助成金」は、公益財団法人 共生地域創造財団が熊本地震の支援と一環として熊本で活動する団体の活動に対する助成金です。

助成の趣旨として、

・復興支援を通じて共生地域の創造に取り組む活動を支援します。

・被災者の自尊感情と自己有用感を尊重した相互性のある活動を支援します。

・熊本地震から3年目を前にして活動が継続的につづくために支援の地地域定着を支援します。

とされています。

 

このような趣旨のもと、複数団体にご応募頂き、7団体様に助成させて頂くことになり、この日に、助成金贈呈式を開催させて頂きました。

 

現地事務局としては、「よか隊ネットを含む、助成団体の連携」が一番重要であると考えています。

目に見える災害支援の状況も減ってきて、災害支援と地域支援、まちづくり、いろいろと複雑な視点がこれから必要になってきます。そんななか、それぞれの団体が情報を共有し、連携することが、複雑化する問題に対する一番大事なことなのではないかと思っています。

 

そういったことも含めて、贈呈式の中で、短い時間ですが、各団体様に、「これまでの活動」「助成金を活用した今後の活動方針」を発表して頂きました。

fccc002.jpg

fccc003.jpg

 

各団体様とも、ほんとうに素晴らしいプレゼンと、活動内容でした。

今回、このような団体様が助成を受けられ、これから一緒に活動していけることに対してとてもうれしく感じました。

 

贈呈式終了後のフリータイム。

fccc004.jpg

 

初めて顔を合わせる方々も多かったので、少し心配したのですが、なんの問題もなく、みなさん全ての人と話され、早速これからの事で盛り上がっていました。

 

本助成金の活動期間は二年ちょっと続きます。

それまでに、熊本の状況は大きく変わっていきますし、日本全体も大きく変わっていくと思います。

 

また新しい一歩の始まりです。

熊本地震から二年半が立ちました。

現在、プレハブ仮設の自治会支援のお手伝いをさせて頂いているのですが、住民の方から新しい声が聞こえ始めています。

 

「私たちは、いつまでこの場所(プレハブ仮設)に住み続けることができるのだろう。」

 

益城町では災害公営住宅の抽選会があったようで、自宅の再建をされず、災害公営住宅に希望を出された方も、一歩一歩、住まいの再建に向けた動きが出始めてきています。

建設はまだこれからということで、公営住宅に引っ越すのはまだ先になりそうです。

 

そんな中、自宅を再建された方が、一人、また一人と。

先日もあるプレハブにお住まいになっていた、高齢男性の方も、9月下旬には家が建ちここを出られれていくというお話を聞きました。

 

そんな、喜ばしい話を聞く一方、プレハブ仮設にまだ住み続けらえる方の今後が気になりました。

 

現在のプレハブ仮設の様子を見ると、駐車場に泊まっている車もちらほら。

敷地内を歩くと「空き家」と張られたところも多くみられます。

 

「人がどんどん出て行ってさみしい」

 

そんな言葉も聞かれます。

 

誰とも接することなく、毎日がたんたんと過ぎていく。

そんな日常を送られている方も、もしかするといらっしゃるのかもしれません。

 

私たちは、そんな日常にちょっとでも変化を与えるべく、仮設毎に2週間に一度「朝食会」を行っています。

 

朝のご飯の時間だけでも、ちょっとした安らぎの時間をとってもらいたい。

誰かとの会話の時間をとってもらいたい。

「あなたのことを気にかけている人たちがいますよ」ということを感じてもらいたい。

 

そんな気持ちからです。

 

IMG_0576.jpg

 

とある別の仮設では自治会長さんからこんなお話を聞きました。

 

「プレハブ仮設に住んでいる期間は、どうせ2年から3年。そんなに長くは住み続けられない。それだったら、せっかくこの集まったメンバーで、楽しい時間を過ごしていきたい」

 

プレハブ仮設の環境は決してよくありません。部屋は狭いし、洗濯物を干す場所も十分確保されていません。コインランドリーに行く方も多くいらっしゃいます。

そんな環境の中であっても「楽しく過ごしたい」

 

これは誰しもが願うことだと思います。

 

「住まいの再建を!」

熊本の今は、この言葉が多く聞こえます。

もちろん住民さんも、次の暮らしに向けて日々悩み、選択し、次の生活に向けて歩み続けていらっしゃいます。

 

わたしたち民間団体にとって、「住まいの再建」に向けてお手伝いすることは限られており、時にはお話を聞くだけしかできません。

しかも、月に何度かの限られた時間だけ。

 

住民の皆様で、お互いが気にかけ、声を掛け合える関係性づくり。

 

ここのサポートが私たちのできることだと思い、活動を継続しています。

 

先日は朝ご飯の時間の中から、お米の話になり、農家の話になり、もうすぐお米の収穫の話になり。

 

「それなら、ここで収穫祭をしよう!」

 

という話にまでいきました。

うれしいですね。実現に向けて、お手伝いをしっかりがんばろうと思います。

 

IMG_0516.jpg

 

ある仮設では、「新しくプレハブに引っ越してこられた方」が朝ご飯に来ていただきました。

 

ご飯よりちょっと早い時間にこられ、「何かお手伝いできることはないですか?」と、私達に気を使って下さいました。

朝ご飯の時間では、向かいの席に座られた方と、お互い自己紹介をされたり、料理の話をされたりと。

 

朝ご飯の時間が、挨拶のきっかけの時間となったことがとてもうれしかったです。

 

「プレハブ仮設にはみんなの家があって、こうやってみんなで集まれる機会があっていい」

という声も聞かれました。

 

そんな言葉の中から、ふと、みなし仮設の人たちは、今どんな気持ちで日々を送っておられるのだろう、とも気になりました。

 

 

災害公営住宅の話も進み、熊本ではこれから、本格的な人の動きが多くなってきます。

 

人が動くということは、「新しいコミュニティ形成」です。

 

知らない人同士が、また顔を合わせ、同じ地域に住んでいく。

関係性が築けるまでには大きなパワーが必要です。住民の方々もここを特に気にされていました。

 

民間団体としてできること。

朝食会を通して気付いたこと、繰り返してはいけないこと、たくさんの学びがあります。

この学びを、次のフェーズに生かしていきたいと思います。

 

 

熊本地震、九州北部豪雨を受け、九州で活動する活動団体に呼びかけての連絡会議に参加してきました。

37665965_1383649475113386_1705092640598392832_o.jpg

 

参加者は30名程度。

平成30年7月豪雨の被災状況の現状報告、課題の共有を行いました。

37632961_1383650041779996_5445185595435384832_o.jpg

 

 

その後、「九州からできる事」をチームに分けて話し合いました。

37638984_1383650295113304_6090565291345969152_o.jpg

 

九州からは距離が入るため、現地に入る支援の他に遠隔からの支援活動も求められます。団体の強みを出しながら、連携によってできる支援のアイデア出しを行いました。

そして、ここ出たアイデアがアイデアで終わらないよう、今後具体的なアクションを起こしていくことで会議を終了しました。連絡会議からの次ですね。

 37618150_1383650428446624_9160137366499753984_o.jpg

37774588_1383650485113285_1699802052638539776_o.jpg

37663820_1383650545113279_4933239387971387392_o.jpg

これから、ますます地域のリソースを活かした連携が必要であると感じました。熊本地震で生まれた活動、つながりを今こそ活かしていくときですね。

 

 

 

IMG_9970.JPG

 

 「建築」に関わる民官学、様々な専門家が参加。

また、被災当事者、ボランティアからの地域移住者も入り、様々な角度から意見交換を行うことができました。

 

・住宅再建に関しては、今なお様々な問題が起こっている(時には、裁判が必要になる可能性の案件も)

・相談窓口を積極的に設けるものの、なかなか必要と思われる人たちにリーチすることが難しい

・戸建て再建、災害公営住宅への入居、一般賃貸への入居、被災者の方々には様々な選択肢があるが、その判断基準が難しい。

・「すまいの再建」4つの支援策、の説明が、被災者(特に高齢者)にとっては理解するのに、とても敷居が高い。

・発災前の生活保護世帯の方は、義援金のために、一旦生活保護から抜けた方もいらっしゃり、今後、生活保護の最新性が必要になるケースもあり、申請に対するサポートが必要になる。

・社協から「連帯保証人でも入居可能」な制度が出されているが、処理がおいついていない。

・災害公営住宅等、行政主導の支援策に対して、住民の意見の吸い上げ反映に、地域ごとに大きな差がある。

・まずは住民同士での住まい再建の雑談ベースの話し合いが求められているが、そういった被災者同士の交流でさえ、なかなか難しい。特にみなし仮設。

 

等々、ここでは書き出せないほどの、意見が出されました。

住まいの再建に関しては、本当にそれぞれ。個人個人でのケース対応が必要であることを改めて感じました。

 

民間団体としてできることはなんだろう。

建築の専門の方々も一生懸命寄り添った支援を模索されています。民間団体としては、まずは「相談」という少し力の入る接点でなく、ゆるやかな場を作って人と人がつながり会える場作りが、今後さらに必要になると感じました。

 

 

 

 

IMG_0454.JPG

2016414日熊本に大地震が発生した。

あの日は、昼間は普通に仕事をし、夜のセミナーに参加していた。そこまでは、なにも変わらない普通の日を過ごしていた。

セミナーが終わり友人と歩いて帰っていた。

そんな中、突然地面が揺れた。

最初はなにがなんだか分からずにいた。



急いで家族に電話をし、安否を確認した。

その時、家族は震源地の近くで子供を寝かせる時だった。


余震に怯えながら、車を急いで走らせた。

あの日から熊本の生活は一変した。


大地震から2年が過ぎた。


私からは、「節目」という2年ではなく、「分岐点」という視点で感じていることを書きたいと思う。

1.被災者にとっての2年

災害救助法により、応急仮設住宅の供与期間は「原則2年」を定められてる。

つまり、プレハブ仮設、みなし仮設に仮住まいしている人にとって、2年を過ぎた段階で、次の住まいへの引っ越しがよぎなくされる。

熊本の災害支援においても、ここが適用されて、「仮住まいでの延長」に対して条件がついた。

 

基本的に大多数の方が延長を認められることになっているが、この「条件付き」というのはとても大きい。

延長を認められなかった人にはもちろん、延長をできた人にとっても。

 

というのは、「常に1年更新」が今後やってくるということだ。これは精神的にとても影響が大きい。

ある聞いた話によると、延長を認められる人であっても、市営住宅への引っ越しを決断された方がいらっしゃるという。

 

「毎年毎年更新のために行政への手続きをしなければいけないし、その都度延長されるかどうか不安になる。そんな不安を抱えながら仮住まいを生活していくよりは、早く長い期間住み続ける家を探して引っ越したほうが良い」

 

ということであった。みなし仮設に住んでいれば、家賃は補助されるにも関わらず。

一つの事例ではあるが、この話を聞いたときに、被災者の方は精神的にとても追い詰められてきているであろうと感じた。

 

2.支援団体にとっての2年

災害後、熊本県内でも数多く立ち上がった支援団体、そしてボランティア活動。

今ふと周りを見渡せば、どれだけの支援団体が継続しているのだろう。

 

県外から来ていた人たちは地元に戻り、県内の人たちでも、支援団体を離れ次の仕事についている人達もたくさんいる。

支援活動が必要なくなったわけではない。なくなってはいないが数はだいぶ減ってきている。

 

一番大きいのは「資金面」だ。震災後からこれまでは、いくつかの地震関係の助成金があり、その助成金をもとに多くの団体が活動していた。

2年という期間がたち、この助成金もほとんどなくなってきた。つまり、支援している人自身とっても、生活費を得るための選択に迫られている。

 

20184月になって、「支援活動から撤退します」という連絡をいくつも受けた。

もちろんニーズがある限り活動は続けたいという気持ちはあると思う。ただし、そこには活動費が必要だ。

 

資金面だけでなく団体運営としても大きな岐路にたたされている。

「支援活動」というだけでは、既に団体としての意義は薄れてきている。つまり、目に見える支援活動が大きく減ってきているということだ。

 

「コミュニティ支援」「社会貢献活動」

こういった、震災支援活動から次のフェーズへの活動シフトが団体運営そのものにも迫られている。

震災支援活動を通して見えた「社会課題」。ここで見えた課題を解決に向かうための活動もこれから必要になっていく。

そういう変化を起こすにしても、専門的なスキルはどうするのか?スタッフはどうするのか?運転資金はどうするのか?

 

ここが団体に問われている。


ーーー

このように、「熊本地震から2年」という言葉には、単なる2年という月日ではない、とてもとても大きな分岐点になっているのだと感じる。

 

今の大きな支援ニーズは、「生活再建(引っ越し支援)」と「コミュニティ構築支援」だ。

避難所から多くの人が仮住まいにうつった時と同じように、今度は仮住まいから恒久的な住まいへの引っ越しが始まっている。

 

人が動けば、そこにはコミュニティの再構築がうまれる。

これまでプレハブ仮設のみんなの家で作られてきたコミュニティは、引っ越しによって薄れていく。

残っている人は「取り残された感」を感じる人もいるだろう。引っ越した人は引っ越した人で、その人達は新たな地で新たなご近所づきあいが始まる。

 

自分が住む環境を変えたときのことを想像してほしい。

同じアパートに住む人、ご近所の人、新たに人間関係をつくっていくためにどれだけパワーがいるか。

ただでさえ、これからの生活に大きな不安を抱えた中で。


しかし、これから「暮らし」をしていく中で、地域コミュニティはとても重要だ。

人付き合いが面倒だからといって、住んでいる地域で人付き合いがあるとないとでは大きな差がある。

 

普段の生活におけるちょっとした会話、何気ない立ち話、そんな時間で人は落ち着いたり、安らかな気持ちになる。

私達は現在「みなし仮設」の交流支援を主にやっているが、この時間がどれだけ求められているかを感じた。

こんな何気ない時間をどれだけの人が求めているのか。どれだけの人がそれで次に向かって生きていけるのか。


「回復力の回復」

私達は、ここを意識して活動を続けていこうと思う。

やっていることが目に見える支援ではないかもしれない。今住んでいるところで、人がつながり会話が生まれること、それが被災者にとって、「回復力の回復」に少しでも力になればよいと思う。



よか隊ネット熊本も活動開始から2年がたち、大きな岐路に立たされている。

団体運営の継続は目的ではなく手段。

これまで活動してきた中で得られた経験、つながり、ノウハウ、これらをこれからの熊本に活かすためにがんばっていく。

 

banner donate

メニュー

 

活動スケジュール

イベントは見つかりませんでした

人気の記事