熊本市社会福祉協議会主催の東区ふれあいいきいきサロン研修会で講演を行ってきました。

 


日時:平成30年1月18日(木)13時30分〜15時30分

場所:熊本市東部交流センター多目的ホール

内容:
(1)「少子高齢化からの地域課題」〜これからの地域に必要なコミュニティとは〜

     逢桜の里 副代表 西原明優様

(2)「熊本地震から見えてくる『地域のつながり』の大切さ」 

     よか隊ネット熊本 事務局長 土黒功司

 


 

熊本市東区の校区社会福祉協議会の関係者70名程にご参加頂きました。

 

よか隊ネットからは、

  • 熊本地震発災後からの震災支援フェーズの移行
  • 今一番の課題「被災者の孤立」
  • よか隊ネット熊本としての支援活動「つながる広場」「つながるCafe」
  • 「つながるCafe」から地域資源へ
  • 熊本地震からの「既存地域資源」と「震災支援からの地域資源」の融合

に関してお話させて頂きました。

higasiku-ikiki-saron01.jpg

 

逢桜の里 西原さんの発表の様子

地域の世代間交流を深めるための「地域食堂」を展開されています。世代間交流を通して、地域のネットワークづくりを行い、地域課題の解消を行うことを目指されています。

相対的貧困のお話、高齢化社会の課題等のお話でした。

higasiku-ikiki-saron02.jpg

 

 発表後の質疑応答

higasiku-ikiki-saron03.jpg

 

参加者の方からは積極的な質問を頂きました。

  • 交流の場に出てこない人達への呼びかけは
  • 場は準備しているが、そこでいざ活動を行っていくためにはどうしていけばいいのか。
  • それぞれの世代のライフスタイルが異なる昨今、どのように世代間交流を拡げてばいいのか。

 

よか隊ネット熊本としては、

  • 実施者は決して無理をしてはいけない。実施者が如何に楽しくやるか。そして実施を抱え込まないこと、地域のいろいろな人と繋がり、実施者同士の連携を行っていくことが大事。
  • 地震後、いろんな市民団体が立ち上がった。これまでやられている既存の活動と、新しく立ち上がった市民団体の融合がこれからは大事。そこに実施者同士の世代間交流も生まれてくる。
  • 1人で抱え込まないこと。今回のような研修会を通して、同じ課題を抱えている人、同じ目的を持っている人が出会い、そこで力を合わせていくことが大事。

といったお話をさせて頂きました。

 

今回、よか隊ネットとしてもとても貴重な機会を頂きました。

今回の出会いをきっかけに、またいろんな活動の広がりをつくっていきたいと思います。

熊本地震からのまちづくりへ。これからもがんばっていきます。

 

 

 

 

2017年10月19日(木) 託麻公民館ホールで開かれた 「子ども・地域食堂の作り方・手伝い方〜地域の「集いの場」を一緒に作りましょう〜」によか隊ネット熊本として参加・登壇してきました。

 

話して来た内容は、「みなし仮設」居住者向け交流企画として行っている「つながるCafe」です。

 

22641984 1454152158026344 752715883 o

 

会場には、市内、市外から多くの興味を持ってくださった方が参加されていました。

よか隊ネット熊本の他にも、地域で「子ども食堂・地域食堂」を既に活動されている団体も一緒に登壇されました。

 

熊本地震を経て、「交流」というキーワードが熊本県内各地で聞かれます。こうやって、活動に興味を持って頂ける方がいらっしゃってとても励みになります。

22690612 1454151934693033 74558195 o

 

よか隊ネットとしても、今一番重点をおいて活動しているのが「交流」というキーワードです。

震災によって多くの方々が被災されましたが、特に「みなし仮設」に住まわれている方は、地域からの孤立、支援からの孤立という状況に置かれていると強く感じます。

そのために、まずはそれぞれの地域毎に「交流」できる場が必要です。「交流の場」であれば、特に専門知識を持った方ではなく、たくさんの人が少しずつの力を合わせるだけで、作り上げることができます。

22662550 1454152401359653 166988827 o

 

そういった地域の小さな交流の場作りが、震災を経てこれからの熊本での地域資源となっていけばよいと強く感じています。

22643019 1454152228026337 698776440 o

 

私達の発表のあとは、参加者で3つのグループに分かれて、グループ毎での自己紹介、意見出しを行いました。

子ども食堂に興味をもって参加されたかた、自分でも何ができることがあるのではないかと思って参加された方、いろいろな方がいらっしゃいました。

 

託麻公民館としても、これから「交流の場」作りを行っていくそうです。

公民館はただの「場」、そこにいろんな人が集まって、その人達で力を合わせて地域の交流の場が作られていくことを強く望みます。

よか隊ネット熊本としても、その活動を全力で支援していきます。

 

 

2017年10月12日に、熊本市北区で開催された、

『熊本市みなし仮設住宅等入居者交流・相談会』に参加してきました。

 

IMG 7806

 

北区として、初めてとなる大規模な交流イベント。場所は、植木町にある、荒木観光ホテル。

北区はとても広いエリアであるため、参加者の皆様のために送迎バスが準備されていました。

 

準備されていた部屋いっぱいになるほどの参加者。みなさま、こういった交流イベントを楽しみにされていたのでしょう。

ちょっとした健康セミナーも準備されていました。

IMG 7809

 

つづいて、熊本市からの「みなし仮設供与期間延長」の話もありました。

 

食事後は、相談会も実施されました。「すまい探し」「住宅融資」「住宅建築」等々、様々な専門相談が設けられていました。

IMG 7811

 

みなし仮設の関しては、期間延長の報道はされましたが、延長対象となるには条件がある模様です。
被災者にとっては、まだ先の見えない生活が続いている方もいらっしゃいます。こういった交流ができる場をたくさん作っていきたいと思います。

 

deltaworks 9100081

 

2017年9月10日 益城町広安西小学校で、「みなし仮設」居住者向け支援イベント「つながる広場」を行いました。

※ 「みなし仮設」とは? → こちら

 

よか隊ネットでは、2016年10月から「益城町地域ささえ合いセンター」の活動を行っており、その活動の一貫として、「みなし仮設」居住者の皆様に対して開催案内を郵送にて行いました。

1,465世帯の方に案内をし、当日は184世帯414名(うち子ども63名)の皆様に参加して頂きました。 

 

みなし仮設の抱える課題

熊本地震前によって被災された方は、「応急仮設住宅(プレハブ仮設)」、「みなし仮設」、「在宅避難」という選択を取られています。どなたも支援を必要とされていますが、「みなし仮設」の皆様は、各地にそれぞれ点在して住まれているため、住まれている方の声がなかなか届かない、支援の手が行き届かない、といった課題があります。県内で活動するボランティア団体も「個人情報」の壁があり、みなし仮設の方に対しては、支援をしたくても支援先とつながれない。といったジレンマがあります。そういった流れから、私たちは今回のような、みんなが集まって交流ができる場がつくれないかと考えました。それが「つながる広場」です。

 

たくさんのボランティア団体に支えられ実行することができたイベント

400名を超える参加者を迎え入れるためには、たくさんのボランティアの皆様に協力して頂く必要があります。 ネットワークグループとして活動している「よか隊ネット」は、今回のイベントに対して実行の協力呼びかけをさせて頂きました。ありがたいことに、32団体226名のボランティアの方々に集まっていただきました。

 

イベント開始二時間前に、ボランティアスタッフを集めての全体ミーティング。

主催団体である、

  • 熊本学園大学社福学生災害ボランティアグループ
  • グリーンコープ災害支援センター
  • 一般社団法人よか隊ネット熊本

からそれぞれ代表者が挨拶をさせて頂きました。

deltaworks 1050101

 

協力のお陰で多岐に渡る支援活動

「みなし仮設」の皆様を迎えるにあたって、たくさんの協力団体の協力のおかけで、多岐にわたる企画を盛り込むことができました。 

  • 炊き出し
  • 物資
  • ステージ企画
  • ブース企画
  • キッズブース
  • 専門機関個別相談

 

資材管理から駐車場誘導まで幅広いお手伝いをして頂いた友救の会代表の松岡さん。この笑顔に参加者の皆さんが癒やされていました。

deltaworks 1050142

 

会場内のカフェスペース。多くの方が、お茶を飲みながら、再会を楽しんだり、ボランティアスタッフとの会話を楽しんだりと、とてもゆったりとした時間を過ごして頂きました。

deltaworks 9100013 

deltaworks 9100052

 

ブース企画をしてくれた、リバイブ熊本チームメンバー

携帯に入った思い出の写真を印刷したり、ステージで踊る企画を入れてくれたりと、毎回いろんな楽しみを提供してくれています。

deltaworks 9100030

 

ステージ企画の一部。「水前寺千春のものまねショー」

参加者の皆様にエンターテインメントを楽しんでいただきました。

deltaworks 9100059

deltaworks 9100060

 

落語もしていただきましたよ〜

deltaworks 9100067

 

高校生ボランティアチームにより、カレーの炊き出し。今回50名を超える高校生がボランティアにきてくれました。

IMG 0123 

熊本西高等学校 西高太鼓

太鼓がステージに鳴り響きました。

IMG 9999

 

 

参加者の皆さんの声

アンケートへのご協力ありがとうございました。アンケートの回答の中から一部のコメントを記載させて頂きます。

つながる広場は、初回から参加させていただいています。色々な物資提供、再開、相談コーナー大変ありがたいです

色々ありますが今日法律相談をしてすこし光が見えました。ありがたい一日を感謝してます。

みなし仮設、東区のとても便利な所に借りておりますので益城に帰ってからちょっと不便ではないかとも思っていますが、しかし来年の4月頃には帰る予定でおります。本日はおせわ様です。ありがとうございました。

いつもイベントに楽しく来ています。これからも時々あったらいいです。友人とあまりあえなくてさびしいのでこうゆうイベントうれしいです。ありがとう

みなし仮設住宅が1年3ヶ月になるので同じアパートの人達と知合い友達になれた。少し楽しみが出来 た。

 

とても心温まる感謝の声を頂きました。でも、一方、これからの生活に向けた不安の声もたくさんありました

 

家の再建を進めているがその後の生活(資金)が不安。

現在みなしで熊本市にいます。子供が益城の小学校の為送り迎えがあるので、できれば早く益城にもどれたらと思ってます。いつのことやらと困ってます。

日頃、アパートでは、全く交流の場がない。おとなり住民とも会話がありません。

来年1月より家を建てる計画が進んでいるが、木山再開発になるので、この先又、引越しもありうると思うと不安も多い。

いつも思うことは、これだけ多くの人達今後どうされるのだろうと心配になる。早く皆様が落ち着いて生活できることを願います。

みなし仮設に入り病院に通うことが多くなった。今は負担金免除だから問題ないが、期限が切れた時の負担金が心配。

買い物等に不便です。

木山地区土地区画整理事業の計画で今後の住まいが決められない状態に困っています。

みなし仮設が来年夏で2年になりますが、次の住いの見通しがたっていません。

 

まだまだ支援は必要です。出来ることを少しずつでも進めていこうと思います。 

 

「つながる広場」協力団体一覧(敬称略、順不同)

たくさんのご協力、本当にありがとうございました!!

 

◎こども食堂「寺子屋カフェ」

◎日舞ボランティア団体さくら会、

◎熊本高校生災害ボランティア

◎ビッグイシューくまもとチーム

◎くまもと友救の会

◎復興ICT支援チームリバイブくまもと

◎一般社団法人熊本おたすけ隊

◎復興支援チームめ組JAPAN

◎NPO法人くまもと支援の会

◎隆建築設計事務所

◎くまもと笑いヨガ倶楽部

◎きばれ!あまくさンしー

◎熊本こころのケアセンター

◎熊本友の会

◎自然災害サイバーレスキューチーム

◎熊本県青年司法書士会

◎くわみず病院

◎カンガルー・ポケット

◎小さな一歩の会

◎よかたま市民ネット

◎熊本県弁護士会

◎女性のためのカウンセリング~Voayge~

◎西高太鼓部

◎TSUDO.NET

◎熊本県建築士会女性部会

◎くまもと音楽復興支援100人委員会

◎中村山椒

◎熊本民主医療機関連合

◎NPO法人でんでん虫の会

 

banner donate

メニュー

 

活動スケジュール

イベントは見つかりませんでした

人気の記事