熊本地震から二年半が立ちました。

現在、プレハブ仮設の自治会支援のお手伝いをさせて頂いているのですが、住民の方から新しい声が聞こえ始めています。

 

「私たちは、いつまでこの場所(プレハブ仮設)に住み続けることができるのだろう。」

 

益城町では災害公営住宅の抽選会があったようで、自宅の再建をされず、災害公営住宅に希望を出された方も、一歩一歩、住まいの再建に向けた動きが出始めてきています。

建設はまだこれからということで、公営住宅に引っ越すのはまだ先になりそうです。

 

そんな中、自宅を再建された方が、一人、また一人と。

先日もあるプレハブにお住まいになっていた、高齢男性の方も、9月下旬には家が建ちここを出られれていくというお話を聞きました。

 

そんな、喜ばしい話を聞く一方、プレハブ仮設にまだ住み続けらえる方の今後が気になりました。

 

現在のプレハブ仮設の様子を見ると、駐車場に泊まっている車もちらほら。

敷地内を歩くと「空き家」と張られたところも多くみられます。

 

「人がどんどん出て行ってさみしい」

 

そんな言葉も聞かれます。

 

誰とも接することなく、毎日がたんたんと過ぎていく。

そんな日常を送られている方も、もしかするといらっしゃるのかもしれません。

 

私たちは、そんな日常にちょっとでも変化を与えるべく、仮設毎に2週間に一度「朝食会」を行っています。

 

朝のご飯の時間だけでも、ちょっとした安らぎの時間をとってもらいたい。

誰かとの会話の時間をとってもらいたい。

「あなたのことを気にかけている人たちがいますよ」ということを感じてもらいたい。

 

そんな気持ちからです。

 

IMG_0576.jpg

 

とある別の仮設では自治会長さんからこんなお話を聞きました。

 

「プレハブ仮設に住んでいる期間は、どうせ2年から3年。そんなに長くは住み続けられない。それだったら、せっかくこの集まったメンバーで、楽しい時間を過ごしていきたい」

 

プレハブ仮設の環境は決してよくありません。部屋は狭いし、洗濯物を干す場所も十分確保されていません。コインランドリーに行く方も多くいらっしゃいます。

そんな環境の中であっても「楽しく過ごしたい」

 

これは誰しもが願うことだと思います。

 

「住まいの再建を!」

熊本の今は、この言葉が多く聞こえます。

もちろん住民さんも、次の暮らしに向けて日々悩み、選択し、次の生活に向けて歩み続けていらっしゃいます。

 

わたしたち民間団体にとって、「住まいの再建」に向けてお手伝いすることは限られており、時にはお話を聞くだけしかできません。

しかも、月に何度かの限られた時間だけ。

 

住民の皆様で、お互いが気にかけ、声を掛け合える関係性づくり。

 

ここのサポートが私たちのできることだと思い、活動を継続しています。

 

先日は朝ご飯の時間の中から、お米の話になり、農家の話になり、もうすぐお米の収穫の話になり。

 

「それなら、ここで収穫祭をしよう!」

 

という話にまでいきました。

うれしいですね。実現に向けて、お手伝いをしっかりがんばろうと思います。

 

IMG_0516.jpg

 

ある仮設では、「新しくプレハブに引っ越してこられた方」が朝ご飯に来ていただきました。

 

ご飯よりちょっと早い時間にこられ、「何かお手伝いできることはないですか?」と、私達に気を使って下さいました。

朝ご飯の時間では、向かいの席に座られた方と、お互い自己紹介をされたり、料理の話をされたりと。

 

朝ご飯の時間が、挨拶のきっかけの時間となったことがとてもうれしかったです。

 

「プレハブ仮設にはみんなの家があって、こうやってみんなで集まれる機会があっていい」

という声も聞かれました。

 

そんな言葉の中から、ふと、みなし仮設の人たちは、今どんな気持ちで日々を送っておられるのだろう、とも気になりました。

 

 

災害公営住宅の話も進み、熊本ではこれから、本格的な人の動きが多くなってきます。

 

人が動くということは、「新しいコミュニティ形成」です。

 

知らない人同士が、また顔を合わせ、同じ地域に住んでいく。

関係性が築けるまでには大きなパワーが必要です。住民の方々もここを特に気にされていました。

 

民間団体としてできること。

朝食会を通して気付いたこと、繰り返してはいけないこと、たくさんの学びがあります。

この学びを、次のフェーズに生かしていきたいと思います。

 

 

想い出と日常の消失


37887250_1386921161452884_744168221506011136_n.jpg

 

そんな、2018年7月26日に、第4回目となる「みんなの家での朝食会」でした。


私たちは朝食会用に、陶器で作られたお茶碗を持ち込んでいます。

そんな茶碗を見ながら出たことば。

 

「普段は支援物資でもらった白い茶碗を使っている。こんなお茶碗でご飯を食べたのは久しぶり」

「地震前に使ってたお茶碗は全て割れてしまった。普段から使い慣れている茶碗のありがたさがあの時始めて分かった」

 

茶碗1つにしても、改めて災害の辛さを感じました。いろんなもの対して、まだ簡単にお気に入りのものを変えない状況にいらっしゃいます。そんな会話もありましたが、今日の朝ごはんも楽しい時間でした。全部で10名くらいに参加して頂きました。

 

今回は、ちょっとした呼びかけもあって、数名の方に「一品」を持ち寄って頂き、お皿に乗らないほどの品数のおかずが揃いました。

 

少しづつ出し合えば、なんと豪華な朝ごはんになるのでしょう〜

「また来ますね」

今回の朝食メニューはこちら。一品もちよりのおかげで、こんなに豪華な朝ご飯となりました。

37841009_1386921228119544_2125164094532091904_n.jpg

 

私達スタッフも朝ご飯を頂きました。今回は三池さんも初参戦!

37803640_1386921184786215_1375422525894295552_n.jpg

 

お茶は、益城町に最近オープンした「Greentea Lab」より。朝8時用のお茶です。水出し茶として提供させていただきました。大好評!

37833287_1386921154786218_1344132937523658752_n.jpg

 

会話のきっかけとなった「アサメシ」茶碗。

37778266_1386921274786206_7567647807645941760_n.jpg

熊本地震、九州北部豪雨を受け、九州で活動する活動団体に呼びかけての連絡会議に参加してきました。

37665965_1383649475113386_1705092640598392832_o.jpg

 

参加者は30名程度。

平成30年7月豪雨の被災状況の現状報告、課題の共有を行いました。

37632961_1383650041779996_5445185595435384832_o.jpg

 

 

その後、「九州からできる事」をチームに分けて話し合いました。

37638984_1383650295113304_6090565291345969152_o.jpg

 

九州からは距離が入るため、現地に入る支援の他に遠隔からの支援活動も求められます。団体の強みを出しながら、連携によってできる支援のアイデア出しを行いました。

そして、ここ出たアイデアがアイデアで終わらないよう、今後具体的なアクションを起こしていくことで会議を終了しました。連絡会議からの次ですね。

 37618150_1383650428446624_9160137366499753984_o.jpg

37774588_1383650485113285_1699802052638539776_o.jpg

37663820_1383650545113279_4933239387971387392_o.jpg

これから、ますます地域のリソースを活かした連携が必要であると感じました。熊本地震で生まれた活動、つながりを今こそ活かしていくときですね。

 

 

 

「みなし仮設」熊本地震支援活動で見えたこと・感じたことをまとめてみました。

全文ファイル[PDF]

 

◯スライド1

みなし仮設 熊本地震支援活動で見えたこと・感じたこと

 

◯スライド2

みなし仮設 はじめに

 

◯スライド3

みなし仮設 ポイント

 

◯スライド4

みなし仮設 これまでの取り組み

 

◯スライド5

みなし仮設 課題

 

◯スライド6

みなし仮設 点在

 

◯スライド7

みなし仮設 地域からの孤立 支援からの孤立

 

◯スライド8

みなし仮設 

 

◯スライド9

みなし仮設 訪問事業

 

◯スライド10

みなし仮設 ケースカンファ

 

◯スライド11

みなし仮設 支援活動

 

◯スライド12

みなし仮設 包括的な支援体制

 

◯スライド13

みなし仮設 つながる広場

 

◯スライド14

みなし仮設 

 

◯スライド15

みなし仮設 つながるCafe

 

◯スライド16

みなし仮設 

 

◯スライド17

みなし仮設 活動を通して感じたこと

 

◯スライド18

みなし仮設 

 

◯スライド19

みなし仮設 

IMG_9970.JPG

 

 「建築」に関わる民官学、様々な専門家が参加。

また、被災当事者、ボランティアからの地域移住者も入り、様々な角度から意見交換を行うことができました。

 

・住宅再建に関しては、今なお様々な問題が起こっている(時には、裁判が必要になる可能性の案件も)

・相談窓口を積極的に設けるものの、なかなか必要と思われる人たちにリーチすることが難しい

・戸建て再建、災害公営住宅への入居、一般賃貸への入居、被災者の方々には様々な選択肢があるが、その判断基準が難しい。

・「すまいの再建」4つの支援策、の説明が、被災者(特に高齢者)にとっては理解するのに、とても敷居が高い。

・発災前の生活保護世帯の方は、義援金のために、一旦生活保護から抜けた方もいらっしゃり、今後、生活保護の最新性が必要になるケースもあり、申請に対するサポートが必要になる。

・社協から「連帯保証人でも入居可能」な制度が出されているが、処理がおいついていない。

・災害公営住宅等、行政主導の支援策に対して、住民の意見の吸い上げ反映に、地域ごとに大きな差がある。

・まずは住民同士での住まい再建の雑談ベースの話し合いが求められているが、そういった被災者同士の交流でさえ、なかなか難しい。特にみなし仮設。

 

等々、ここでは書き出せないほどの、意見が出されました。

住まいの再建に関しては、本当にそれぞれ。個人個人でのケース対応が必要であることを改めて感じました。

 

民間団体としてできることはなんだろう。

建築の専門の方々も一生懸命寄り添った支援を模索されています。民間団体としては、まずは「相談」という少し力の入る接点でなく、ゆるやかな場を作って人と人がつながり会える場作りが、今後さらに必要になると感じました。

 

 

 

 

banner donate

メニュー

 

活動スケジュール

イベントは見つかりませんでした

人気の記事