DSCF9378.jpg

2017年1月17日 14:00〜15:00で、「チームおひさま」による「ぜんざい&肩マッサージ」イベントのお手伝いに行ってきました。

場所は、熊本市東区にある、秋津仮設団地。以前クリスマスパーティを開催した場所です。

 

今回「よか隊ネット」からは、

  • テント
  • 机・椅子
  • 物資(お水・下着類)

を貸し出し・提供させて頂きました。

 

平日のお昼ということで、お仕事の方もいらっしゃって、主に高齢者の方々に来ていただきました。

日も照り、さほど寒くなかったため、たくさんの方に来ていただきました。

DSCF9374.jpg

 

提供されたぜんざい。白玉とさつまいもが入っています。

ぜんざいを食べる、10分ほどの間ですが、世間話をしながら、ゆったりとした時間を過ごして頂きました。

DSCF9373.jpg

 

ぜんたいを食べた後の肩マッサージ。日頃の疲れが少しでもとれるといいですね。マッサージをしながらたくさんの会話が弾んでいました。

DSCF9375.jpg

 

この数日は熊本は大変冷え込んだため、寒さ問題がとても気になっていましたが、さほど大きな問題はなさそうでした。ただ、場所によっては日当たりが悪くとても寒かったという声もありました。

 

熊本地震によって、生活環境が一変した方々がたくさんいらっしゃいます。

この「生活環境の変化」が身体的、精神的に大きな影響を与えるのは確かです。それが高齢になればなるほど。

「仮設団地」というある敷地の中であっても、あるきっかけが無ければなかなか交流を深めていくというのも難しいと思います。こういった、ちょっとした活動が、少しでも交流のきっかけとなればいいですね。今日も、そんなちょっとした交流が生まれていてとてもうれしい気持ちになりました。

また高齢者にとっては、ちょっとした砂利道でも歩くのが大変です。仮設団地の駐車場を含め、多くの場所が砂利道となっています。そういった時に、ちょっとした支えの手があるだけで、安心して歩くことができます。ハードの整備は難しくても、人と人との交流がうまれ、ちょっとしたお手伝いの輪が広がり、高齢者の皆様にとって少しでも住みやすい環境が整っていけばいいと思います。

 

秋津仮設では「集会所」の設置が遅れているという問題がありましたが、今日行った所立派な「集会所」の建設が始まっていました。

聞く話によると、2月末には建設が完了するということです。この集会所が、秋津仮設に住む人達にとってのよい憩いの場となることを願うばかりです。

DSCF9371.jpg

 

〜みなし仮設の期間は二年間、そしてその先〜
 
10月3日に益城町地域支え合いセンターが発足してから3ヶ月が過ぎ、みなし仮設住宅の訪問を不在者宅も含めて約半分程度(全1300強のうち)訪問させていただきました。
 
その中で私が特に感じたことはみなし期間2年間終了時点で行き先(従前地での新築も含む)の決まらない問題を抱えている方が半数以上おられるということでした。
 
 皆さんの要望の中で一番多かったのが、無条件とは言わないがせめて行き先の決まるまではみなしの延長を希望するとのことでした。実際に東日本震災ではみなし住宅の一部のかたが昨年2年間延長され、最大7年間のみなし期間となりました。資金的に余裕のある方は別としても2年間で再建が困難な方たちがみなし仮設から新しい住宅に移られるまでは、みなし期間延長問題を益城町、熊本県、国に要望していきたいと思っています。
 
特に県と国が予算をつけなければ延長は難しいと思いますので、皆様方も各地、各団体、各個人で賛同いただいて国、県に声を届けていただいて、必要な方々のみなし仮設延長に向けてご協力お願いします。

〜進む解体作業。その裏にある真実〜
 
ある訪問で、自宅の解体の話をされましたがとても印象的だったのでご紹介します。
 
ご自宅は全壊判定でした。写真を拝見したところ家自体は倒れてはいませんが、柱がくの字に曲がっていました。震災から4ヶ月位たった頃、役場から説明に来られ、「丁寧に解体します。」との説明でした。
 
しかしその数日後何の連絡もなく夜中に家が解体されました。夜中12過ぎに、自宅の近くに住む知人から家が解体されているという電話があったそうです。すぐに向かおうと思われたのですが、暗くすでに解体作業をしているから危ないので明日にしたらといわれ、朝早くに自宅に向かわれました。家が倒壊しておらず、家具など無事なものが沢山あったものの、屋根上から重機で取り壊ししたため何も取り出せませんでした。
 
ただぼう然と取り壊された家を見ることしかできませんでした。その後キリスト教教会関係のボランティアの方たちが壊された瓦礫の中から取り出せるものを出してくれたそうです。雨に濡れ、汚れながら一生懸命探してくれてとても感謝していると話されました。
 
行政の話では、道に面しており倒壊すると危険だからと言う事でした。しかし、解体までに4ヶ月もの期間があり数日前に面談までしているのにどうにか出来たのではないかと思い、対応の悪さに怒りを感じました。
 
何度かお会いして話をする中で、地域のコミュニティーから離れ寂しいのだろうと感じました。今できることとして、みなし仮設に入居する前にお世話になった方の連絡先を調べること。現入居地の近くに住む益城出身者を一緒に探しています。なんでも自分ひとりで頑張ってこられた方のプライドを邪魔しない形でお手伝いしていきたいと思います。

12/23(金)に、加盟団体である「熊本復興支援おたすけ隊」「リーダーズ・サミット」が企画された「秋津仮設団地クリスマスパーティー」にお手伝いに行ってきました。

秋津仮設団地は、まだ「みんなの家」ができていないため、少し寒かったですが外で開催させてしました。

寒い中でしたが、たくさんの住民の方に参加して頂き、子供たちの笑い声でいっぱいの楽しいクリスマスパーティとなりました。

DSC_0126.jpg

開催にあたって、たくさんの支援団体の方にもお手伝い頂きました。ほんとうにありがたいです。

どんな環境であっても、一時の楽しい時間を過ごして頂き、私達もとっても幸せな気持ちになりました。

これから、ますます冷え込みが厳しくなっていく熊本。そしてまだ先の見えない住宅問題。少しでもお力になれればと思っています。

 

子供サンタさん。ちょーかわいー♪

DSCF9137.jpg

 

今回、お手伝い頂いたボランティアスタッフの皆さんです。実はスタッフのみなさんも被災者。そんな中、忙しい時間をぬってお手伝い頂きました。本当にありがとうございます。

DSCF9145.jpg

 

寒さが厳しくなるなか、男性・女性問わず、冬物服に対するニーズがとても多いです。加盟団体様が集めて頂いた「冬物衣料」の提供も行いました〜♪

DSCF9150.jpg

DSCF9158.jpg

 

宮城から届いた新鮮な牡蠣!!! 牡蠣汁として提供させて頂きました〜(料理は、熊本での支援活動をされている、ボンド&ジャスティスの皆さんです)

DSCF9179.jpg

 

オードブルもあり、と楽しい食事の時間となったようです♪

DSCF9166.jpg

 

そして、こちらは、熊本の主婦の皆様からの「ぜんざい」のご提供。あまさもちょうどよく、とってもおいしかったです。

DSCF9181.jpg

 

そして、、なんと!!!!ホンモノ(!?)のサンタさん登場〜♪♪♪♪
子供たちのテンションはMAXです。

DSCF9201.jpg

DSCF9215.jpg

 

参加した子供たちと一緒に「バッジ作りワークショップ」も急遽開催!!主催は大阪から支援に来ていただいた「北芝」スタッフのみなさんでーす。

DSCF9224.jpg

DSCF9188.jpg

 

みんなでお絵かきもして楽しみました♪

DSCF9182.jpg

 

極めつけは、みんな一緒でのクリスマスソングの合唱〜♪
寒い中でしたが、「熊本音楽復興支援100人委員会」から来ていただきました〜♪

15626270_287618048306593_7426820758250970377_o.jpg

【最も小さくされた「みなし仮設」の方々に】

昨日はよか隊ネット、グリーンコープ災害支援センター、熊本学園大学社福学生ボランティアグループの共同主催で第1回つながる広場を開催しました。
 
現在、よか隊ネットは益城町社会福祉協議会様より委託を受けて、みなし仮設にお住いの方々への見守り活動を行っています。
みなし仮設の方々は、マンションやアパートなどの集合住宅などにお住いなので、一見しただけではその建物に被災された方がいらっしゃるかどうかすら分かりません。
 
このため、ボランティア活動の対象にはなりにくく、みなし仮設にお住いの方々とボランティアの間は「断絶」されていると言っても過言ではありません。
 
よか隊ネットでは日々の訪問活動の中で、「支援を受けていない」「忘れ去られているのでは」といった声も沢山いただいています。
こうした方々へ少しでも何かできないか、ということで今回のイベントを行いました。
  
仮設住宅の供与期間は原則2年間。ご自宅を失った方々には長い避難生活になります。また、将来の見通しまだ立っていない方も沢山いらっしゃいます。
  
つながる広場は今回が第1回。今後もできる限り回数を重ねることで、点を線に、線が面になっていくような活動につなげ、みなし仮設にお住いの方々の長い避難生活を少しでもサポートできればと考えています。


今回は384名の方にご来場いただき、また150名を超えるボランティアの方々にご参加していただきました。今回はよか隊ネットとしても初めての取り組みでもあったので、いろいろ不手際もあったと思いますが、大きなトラブルもなく、無事開催することができました。
 
そして、多くの来場された方々からお礼や感謝の言葉をいただき、スタッフの励みにもなりました。

また、このような大きなイベントはよか隊ネットだけではできません。今回も加盟団体様をはじめとした、多くの団体・グループにご協力いただき、実現しました。ご協力いただいた全て皆さまにこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。  

【第1回つながる広場参加団体】 
◎こころをつなぐよか隊ネット
◎グリーンコープ災害支援センター
◎熊本学園大学社福学生ボランティアグループ
◎さくら会
◎音楽ボランティア「ぐるぐる」
◎大光保育園
◎くまもと笑いヨガ倶楽部
◎あめのゆみ
◎くわみず病院
◎隆建築設計事務所
◎松下生活研究所
◎熊本心のケアセンター
◎くまもと県民交流館パレア
◎熊本高校生ボランティア
◎くまもと支援の会
◎め組JAPAN
◎くまもと音楽復興支援100人委員会
◎でんでん虫の会
◎ひとさじの会九州支部
◎きばれ!あまくさンしー
◎ごぱん屋うっでぃー
◎リバイブ熊本
◎橋本 櫻
◎熊本復興支援お助け隊
◎リーダーズサミット
◎熊本県青年司法書士会
◎福永紗織法律事務所
◎あゆみ法律事務所
 
【後援】
◎熊本県
◎益城町
◎熊本県社会福祉協議会
◎益城町社会福祉協議会

DSCF9121.JPG

DSCF9120.JPG

DSCF9117.JPG

DSCF9113.JPG

 

15628751_1249917175069717_1530666377_o.jpg

 

 関連記事

みなし仮設入居被災者支援遅れ 県内自治体(熊本日日新聞)

益城で再会、交流 県内各地に分散、みなし仮設の町民 「元気にしとったか?」 喜び、笑い声響く /熊本(毎日新聞)

 

banner donate

メニュー